西山陽雄(にしやまはるお)弁護士

弁護士 西山陽雄の想い

  私が弁護士になったころは、弁護士の仕事と言えば、訴訟活動が中心でしたが、私は「紛争を防止するために法的知識を活かしたい」と思うようになり、これまで予防法務に力を注いできました。

  また、迅速で質の高い法的サービスも、専門知識を持つ複数の弁護士が力を合わせることにより提供できると考え、積極的に共同事務所化も図ってきました。

  これからも、理想とする法律事務所を目指し、事務所一丸となって「依頼者のために心を砕き」ながら業務に取り組んでいきます。

  趣味は美術館巡りや音楽鑑賞、演劇鑑賞、読書等です。私は心身ともに健康であればこそ、業務に全力で取り組めるものであると思っています。

  弁護士業務は、時に強い緊張を強いられることも多い仕事です。しかし、気分をリフレッシュして、私たちは、 再び前向きな気持ちで仕事に取り組まなければなりません。

  そのリフレッシュに、趣味は大いに役立っています。

弁護士会
福岡県弁護士会:1965年登録 (17期)

重点取扱分野
企業法務

趣味
美術館巡り、音楽鑑賞、演劇鑑賞、読書

出身地
長崎県対馬市

略歴

昭和29年03月

福岡県立福岡高等学校卒業

昭和33年03月

九州大学法学部卒業

昭和34年04月

福岡県庁総務部総務課法制係

昭和38年04月

最高裁判所司法修習生 (第17期)

昭和40年04月

弁護士開業

昭和53年04月

西山法律事務所開設

昭和60年04月

福岡県弁護士会副会長、福岡部会長 (任期1年)

昭和60年11月

社会福祉法人のぞみの里志摩学園理事長 (現職)

平成02年04月

福岡県弁護士会会長 (任期1年)

平成03年04月

日本弁護士連合会副会長、九州弁護士会連合会理事長 (任期1年)

平成08年04月

財団法人法律扶助協会福岡県支部長、同九州協議会会長、
同本部副会長 (~平成11年3月)

平成10年07月

福岡市教育委員会委員長(~平成16年6月)