市丸信敏(いちまるのぶとし)弁護士

弁護士 市丸信敏の想い

  弁護士という仕事は、ルーチンで定型化された仕事の処理よりも、むしろフロンティア開拓者としての役割を果たすことが宿命であるのだと実感しています。社会・経済情勢の変化・複雑化、相次ぐ法律の大改正などにつれて次々と生じてくる新たで困難な問題に対しても、臆せずに立ち向かい、何としてでも解決していかなければなりません。

  思い悩むことも少なくないのですが、そんなときは「考えて考えて、考え抜いて、心を砕け」という私の師である西山陽雄弁護士の言葉を思い出して、悩むのではなく心を砕け、と自分に言い聞かせています。一介の弁護士に過ぎない自分にとって、真に「必要とされるときの弁護士」としての働きの場はどこにあるのかを模索しながら、これからも誠実に職務を全うしたいと思っております。

  趣味は、人物や風景の写真撮影などですが、数年前の正月、突如思い立って自動車・自転車通勤をやめ、毎日、徒歩通勤を続けています。

  ちょっと贅沢なんですが、片道40分(往復で80分)をかけ、晴雨や寒暖などの自然を肌身に感じつつ、公園や庭先の木々の緑・四季折々の花々に心を癒されながら無心で歩き通しています。

  すると、ストレスも霧消し、心身ともにリフレッシュ!地球にも優しく、まさに、ウォーキングにハマってしまっている、というこの頃です。

弁護士会
福岡県弁護士会 : 1983年登録(35期)

重点取扱分野
企業法務、コンプライアンス

趣味
旅行、 山歩き、 カメラ、 読書

出身地
佐賀県唐津市

略歴

昭和49年03月

西南学院高等学校卒業

昭和53年03月

中央大学法学部卒業

昭和56年04月

最高裁判所司法修習生(第35期)

昭和58年04月

弁護士開業。西山法律事務所に入所(その後、組織変更により、西山・市丸共同法律事務所から不二法律事務所へ)

平成05年04月

福岡県弁護士会総務事務局長(任期1年)

平成14年04月

福岡県弁護士会副会長・同福岡部会長(任期1年)

平成22年04月

福岡県弁護士会会長(任期1年)
九州弁護士会連合会副理事長(同)

平成23年04月

九州弁護士会連合会副理事長(任期1年)

平成24年04月

日本弁護士連合会副会長(任期1年)